Nisemonogatari Koyomi Araragi DXF PVC Figure フィギュア 人形 おもちゃ

エレクトリック ギター アンプ Peavey 6505 Mini Head Guitar Amp Head 20 INST CABLE 正規輸入品 エレクトリック エレキ ギター アンプ
代引料無料 特選品 西蔵老礦手工伝承天珠 最高級品質 三眼天珠 送料無料 金箔仕様勢至菩薩十二支のお守本尊午年15cm仏具八体仏高岡の本格仏像金属製鋳造鋳物/送料無料 十二支の年ごとに定められたお守本尊。厄除け招福を願って。

デスクトップURLとスマホURLが違うことで意図せず起こる不具合

まず、例え」と検索したりすればインデックスされているかどうかは分かると思います。
の重複等、意図せず評価が下がってしまう懸念があるのです。おそらくソフト404の対象になったりするかもしれませんが、いずれにしてもマイナスになる懸念は避けるべきですね。

アノテーションによる行って来いリダイレクト要は「クローラーさん、見るのはデスクトップURLの方を見てね」というシグナルです。
これらの何が面倒かと言いますと、 ページ単位で全部この行って来いリダイレクトを設定しなければならない ことなのです。

なお、デスクトップURLはあるけど、付随するスマホURLが無い場合はアノテーションは行わずにそのままにするしかありませんが、本当はGoogleはあまり推奨していません。全てのページがスマホでもストレスなく閲覧できることを推奨しています。逆にデスクトップURLが1つに対して、スマホURLでは2ページに渡って書いている場合は、スマホの1ページ目と2ページ目をページネーション用のrel=”next”とrel=”prev”を使って紐づけ、その上でスマホの1ページ目からも2ページ目からもcanonicalで該当するデスクトップURLにリダイレクトさせることが良いです。また、その際のデスクトップURLからのalternateはスマホの1ページ目のみに当てる形です。
ご不明な方はお問い合わせください。

以上がデスクトップURLとスマホURLが異なる場合の最低限行っておかなければならないことですが…そうなんです、ページが増えるごとにこれをページ単位で全て行わなければならないのです。これに関してはシステムを使って上手く自動的に設定させている企業サイトもありますが、ECや求人、不動産等のいわゆる案件が多くある企業サイトやページ追加が激しい企業サイト等は管理が大変なのです。ややこしいんです。

ですので、私はレスポンシブウェブデザインを推奨しています。レスポンシブにすることは決してグリッドデザインにしなければならないとか、デザイン上の制限が多いとかはそこまで無いんです。実際にレスポンシブによってスマホでの希望するデザインにすることだって可能です。ただコンテンツの設計がPCでもスマホでも同じ内容になってしまうことがマイナスです。つまりレスポンシブの欠点は、PCでもスマホでも同じ情報になってしまうことです。スマホ閲覧者に対して(PCよりも)コンテンツを減らしたりすることは可能ですが、全く別の情報設計を施すことができないところがマイナス点です。その点別のファイルを使って新たなURLを設定する方が拡張性やユーザーへの使い勝手は良いかもしれません。結局、レスポンシブか否かは 「管理しやすい方を選ぶか情報設計の柔軟性を選ぶか」 の判断になると思います。その上で、私は冒頭に申し上げたモバイルフレンドリーテストやらアノテーションやら考えると、レスポンシブを推奨してしまいます。